デリケートゾーンの悩み

 

 

人には言えないデリケートゾーンの臭い

 

でも大勢の女性がデリケートゾーンの臭いをどうすればいいのか悩んでいます。

 

そんな女性達の生の声をお伝えしようと思います。

 

悩む女性

膣カンジタの原因と予防法

膣カンジタは膣内の常在菌カンジダが増殖して生じる膣炎で、女性の5人に1人が経験しています。

 

膣内は乳酸菌により酸性に保たれているので、菌が繁殖しにくい環境です。

 

抗生物質の使用や妊娠、出産などで常在菌のバランスが崩れるとカンジダ菌は異常増殖します。

 

疲労やストレス、糖尿病などで体の免疫力が低下した場合もカンジダ菌が繁殖することがあります。

 

体のちょっとした変化でも発症しやすいのが特徴です。

 

代表的な症状は外陰部の痒みです。

 

非常に強い痒みが生じ、おりものは白く濁ることが多いです。

 

外陰部に痒みなど気になる症状が生じた場合は、早めに婦人科または産婦人科で検査します。

 

似たような症状が出る別の疾患もあるので、病院で確定診断を行います。

 

治療には重荷抗真菌薬が使われます。

 

免疫力が落ちると菌が繁殖しやすくなるので、予防するためには栄養バランスの取れた食事と充分な睡眠を心がけます。

 

ストレスを感じやすい人は、できるだけストレスや疲れをためないように気をつけます。

 

下着やタオルは清潔なものを使用し、腸から感染するのを避けるために拭くときは前から後ろに拭きます。

 

入浴時に膣内まで洗う人がいますが、膣内の常在菌のバランスが崩れて繁殖しやすくなるので注意が必要です。

 

すそワキガの原因

人体には全身にくまなく存在しているエクリン腺の他にアポクリン腺という汗腺も存在し具体的には脇やおへそ、胸やデリケートゾーンに集中しています。

 

すそワキガの根本的な原因はアポクリン腺が影響しており、先天的に決まるアポクリン腺の数が多くなるほど、すそワキガが起こりやすくなります。

 

そのようにアポクリン腺の絶対数が多い方はすそワキガに悩まされやすいのですが、同様にアポクリン腺が比較的多く存在している方の中でもすそワキガの臭いの程度に差異があるのは、日々の食生活やストレスによる影響も挙げられます。

 

摂取する栄養バランスに乱れがある食生活を送っていると、アポクリン腺が活発化するため皮脂分泌量が増加し、臭いの原因が増えてしまいます。

 

中でも多量の動物性脂肪を含んでいる肉料理を口にする機会が多かったり、揚げ物が多い場合もアポクリン腺の活発化によりすそワキガの臭いが強くなりますし、動物性脂肪や揚げ物を口にする機会を少なくしていても、野菜不足であるとすそワキガの程度が強まります。

 

さらに、これまですそワキガに悩んだ経験が無いのにも関わらず、途中段階から臭いが気になり始める方も多く、特に体質が著しく変化する出産を経験した後から臭いが生じ始め、授乳期を過ぎた頃から少しずつ臭いが緩和されていく方も少なくありません。

デリケートゾーンの臭いが気になって

私は生理の終わり頃になると、デリケートゾーンから異様な臭いがする事に悩んでいました。

 

デリケートゾーンの異様な臭いに気がつくようになったのは、生理の時におトイレに入ると、今まで嗅いだことがないくらいの臭いがしたのです。

 

最初はトイレ内の臭いが臭いのかな?と思いましたが、そうではなくて、自分自身のデリケートゾーンから発している臭いだと言う事が分り、とてもショックでした。

 

生理が終わると、異様な臭いはしないものの、自分のデリケートゾーンの臭いが気になる様になってしまいました。

 

それ以来、生理の時以外の自分のデリケートゾーンの臭いを意識するようになり、ネットで見つけた、デリケートゾーンの臭いを軽減できる石鹸を買ってみたり、特に夏場はストッキングなどをはかないようにして、デリケートゾーンが蒸れない様にしました。

 

また、サロンへ行く時間も無いので、デリケートゾーンの無駄毛処理を自己流にしたりして、臭いを発しない様に気をつけました。

 

以前よりもデリケートゾーンのケアをする事を気をつけているので、以前の様な不安感はありませんが、完全には安心は出来ていません。

 

今後も特に生理時にはデリケートゾーンの臭いに気を配りたいと思います。

デリケートゾーンの臭いケア

デリケートゾーン。誰しもが気になる悩みを持つ部分ではないでしょうか。

 

私はおりもの、経血の量が多いため特に臭いと常にライナーを着けていることによる黒ずみが気になっていました。

 

どうしてもこもってしまいトイレに行くたびにむわりと広がる独特のにおいと下着が濡れているような不快感、生理時には更にひどく隣の個室の人や次に自分の入った個室の人に自分が生理であるとばれてしまうのでは無いかという気持ちと同時に不快な臭いに申し訳ないな…と思うことも多々。

 

どうにかならないのかと思ってネット上で調べたのが解決への一歩でした。

 

元々よくネットをしていて、どうやらデリケートゾーン用の石鹸があるらしいことをネット上の広告で知っていたので、まずは『デリケートゾーン用の石鹸』で調べました。

 

すると何件か出てきます。

 

ただ通販で定期購入や送料込みで意外とお値段がしたこと、レビューを見ても効果に個人差があるようで尻ごみをし、結果的には一旦現物を見てパッケージの説明などを見て考えようと近所のドラッグストアに売ってないかどうか探しに行きました。

 

お店によりますが何種類かデリケートゾーン用の石鹸が置いてあります。

 

デリケートゾーン用の石鹸の中でも単臭いに効くもの、黒ずみに特化したものなど色々な商品があります。

 

私は『臭い対策に』と書かれたものを使いました。

 

完全には臭いが消えないものの少し薄まったかな?と実感があり、不快感も減りました。

 

専用の石鹸は臭いに効果があります。

 

また黒ずみに関してはその後ネット上で有名な臭い、黒ずみに効くという石鹸に乗り換えたら目立たなくなりました。

 

自分の悩みに合わせて選ぶ必要があるようです。

 

デリケートゾーンの悩みには専用の石鹸を、自分の悩みに合わせて購入し使うことをお勧めします。

 

なにより専用の石鹸で洗うことでよく見て洗うことにより自分が思っていたよりちゃんと洗えてなかった、なんてこともあるかもしれません。

 

それだけでも違ってきます。

デリケートゾーンから・・・

「デリケートゾーンの悩み」それは、友人であっても相談しにくい話ですよね。

 

一人で悩まれている方はたくさんいることかと思います。

 

かくいう私も、その1人でした。

 

ある日、トイレで用を足していたら、何か臭うなと感じることがありました。

 

その時は気のせいだと思い、下着を履きました。

 

しかし、日に日に臭いがキツくなっている気がして、もしかしたら周りにも臭っているのかもと不安な日々を送っていました。

 

ネットから集めた情報から様々な商品を購入し、デリケートゾーンからキツイ臭いを感じた時は、インクリアという商品を使用していました。

 

インクリアは寝る前に、デリケートゾーンに注入して寝ると次の朝には臭いがなくなったので、よかったのですが、使用を止めると徐々に臭くなっていきました。

 

そこで、人生で始めての婦人科に相談に行くことにしました。

 

なぜ婦人科に行くのを躊躇いていたのかというと、内診が嫌だったからです。

 

医者とはいえ他人に膣の中を見られることに抵抗があり、行き渋っていましたが、行ってみると本当にあっさりと内診と培養検査のための作業が終わり、もっと早く病院に来ていればよかったと後悔しました。

 

病院にかかったことで、確実な対応が行えるので、デリケートゾーンに異常を感じたら婦人科に行くべきです。

これが噂の加齢臭??

生理中のにおいやかゆみはよく経験していたので、生理中はなるべく清潔にするようウォシュレットを意識して使用するようにしていました。

 

しかし、最近年を重ねるうちに、生理中ではない生理前や、生理後にもにおいやかゆみが気になるようになりました。

 

トイレに行って、パンツをおろしたときになんとなくぷーんと臭ってきます。

 

すごくショックでした。自分がおばちゃんになったような感じがして…

 

そのにおいが自分がトイレを出た後も、自分の後に入った人にかがれているのではないかと思うと、恥ずかしくてたまりませんでした。

 

そこから日常的にウォシュレットを使用するように意識して、お風呂に入ったときにはいつも以上に、十分に泡立てた泡を手につけて屋鋪洗うように心がけました。

 

「これがまさかの加齢臭?」たまにおばちゃん世代が入ったトイレの後に入ると感じる臭いがあります。

 

そのにおいに近い感じがします。

 

いまのうちから、丁寧にケアしていくことが必要だと思いました。

 

また、かゆみも伴うことがあるので、デリケートゾーンのかゆみ止めを毎日お風呂上りに塗るようにしてそれはおさまりました。

 

大事な部分だからこそ、丁寧に優しくケアする必要があるんだなと感じているこの頃です。

誰にも言えない悩み

私は、小学生から誰にも言えない悩みがあります。

 

他の方のデリケートゾーンを見ることが出来ないので普通の事なのかもしれませんが、デリケートゾーンの中の物がむき出しになっているからか、下着がすごく汚れます。

 

それが嫌で、365日毎日小さめのナプキンを付けています。

 

おりものシートを付けていた時もあったのですが、小さくて足りませんでした。

 

においもとても気になります。

 

ずっとではないですが、外出をしてナプキンが替えられなかった時や、暑い時期など蒸れてしまい、特ににおいが酷いです。

 

かゆみも出る事があり、仕事中は最悪です。

 

人前でかくことも出来ないですし何をやっていても気になってしまい、人にも絶対に言えないので、本当に不快です。

 

また、おりものが多いときにかゆみが酷いように感じます。

 

何かの病気かもしれないと婦人科で見てもらいましたが、特に異常はありませんでした。

 

先生からは、気にして洗いすぎても良くないと教えていただいたので、あまりゴシゴシ洗わないように気を付けてはいるのですが、今の所以前と変わらず改善はみられません。

 

色々な塗り薬や石鹸も出ていますが、一度使った物がしみて痛かったことがあり、買うのをためらってしまいます。

 

この悩みが無くなったら、人生が変わるかもしれないと思うくらい気になります。いい方法があったら教えて欲しいです。

アクアデオ

アクアデオ

アクアデオ

 

デリケートゾーンのニオイにお悩みの場合、悩みに対してどのように対策していますか。

 

悩んでいてもどうしていいのか分からないままの方が多いのではないでしょうか。なかなか気軽に身近の人に聞けることではないですよね。

 

だから解決の糸口を探して今これを読んでもらえているのだと思います。

 

ではデリケートゾーンのニオイにお悩みの方はどんな方法を取ると良いのでしょう。

 

おススメするのはクリームタイプの「アクアデオ」です。

 

この「アクアデオ」はどのように悩みの解決に役立つでしょうか。

 

デリケートゾーンは蒸れやすいところですよね。

 

常に下着が密着しているから汗もかきやすい状態で文字どおりデリケートな場所です。

 

蒸れて雑菌が繁殖し、この雑菌の老廃物がニオイを発します。

 

アクアデオ

 

ニオイがするとキレイにすれば良いと思いがちです。でもゴシゴシ洗えばニオイはなくなりましたか。

 

肌には常に菌が存在していて当然なのですが、バランスが崩れたときにトラブルが起きると問題になります。

 

それがアクネ菌に異常が起きるとニキビができます。

 

同じようにデリケートゾーンには汗を分泌するアポクリン汗腺が集中しています。

 

それが蒸れて汗と混ざってしまうことでニオイを発生させるのです…これをすそわきがといいます。

 

自分では慣れてしまいニオイに気づかない可能性もあります。

 

人から言われて恥ずかしい思いをした…洗いたいですよね。

 

でも洗い過ぎないようにしましょう。

 

清潔を保つのは必要です。

 

そして蒸れないよう綿の下着にする(おしゃれじゃないけどニオイが治まるまでは少し我慢しましょう!!)等、蒸れない環境にしてあげることも必要なのです。

 

そして病院にかかるという選択肢もあります。

 

思い悩んでそれがストレスになり悪化しているなら、専門家に尋ねて解消することも大切です。

 

その勇気が出ない方は、まず「アクアデオ」を試してみましょう。

 

アクアデオ

 

「アクアデオ」はこんなクリームです!!

・イソプロピルメチルフェノールの抗菌作用で雑菌の発生を抑える。
・パラフェノールスルホン酸亜鉛のひきしめ成分でアポクリン汗腺を抑えることでニオイも抑えることができます。
・柿タンニン・海藻・シルク・甘草・ドクダミ・ユキノシタ・セージ・シャクヤクの8つの天然成分が配合されています。
・デリケートゾーンだけでなく足・足の裏・ワキ・手のひら・耳の裏等全身に使用できます。
・無香料なのでニオイが混ざって不快になりません
・日本で作られており無添加の医薬部外品です

 

使い方は簡単!!
朝お出かけ前と夜寝る前に気になる場所に「アクアデオ」を真珠大くらいの量を手に取り優しく塗るだけ。
そして外出先でもサッと塗ることで人を気にすることも軽減出来ます。手のひらサイズなので持ち運びも簡単です。

 

悩みを解放したい方は、使った人の満足度が98.9%の「アクアデオ」を一度試してみませんか。

 

アクアデオ

アクアデオ